福利厚生の充実

タクシーの模型

間もなく東京オリンピックが開催されますが、開催中にはたくさんの観光客が訪れると言われています。また、近年はインバウンドによって日本を訪れる外国人観光客が急増しています。そんな観光客が頼りにするのが、タクシーだと言われています。電車やバスとの違いは、目的地のすぐ前にまで運んでくれることです。しかし、現在はタクシードライバーの不足が深刻化しています。求人を出しても出しても追いつかない状況となっていて、企業にとっては頭の痛い問題と言われています。ただ、これは見方を変えると大きなチャンスでもあります。タクシードライバーへの就職や転職を目指す方にとっては、採用される確率はグンとアップします。人を夢を運べる素敵な仕事内容です。

求められる若い人材

運転する女性

タクシー業界全体の課題と言われているのが、ドライバーの高齢化です。若い人材が必要とされていて、女性のドライバーも大歓迎です。求人募集にも掲載されていますが、学歴や経験は一切関係ありません。また、入社にあたっては二種免許がなくてもOKです。研修期間に取得することが出来ますし、親切丁寧な指導によって、短期間でタクシードライバーとして活躍が可能です。異業種から転職を果たすケースも目立ちますし、年収アップのチャンスです。

おもてなしの心

ドライバー

都市部で増えているのが、女性のタクシードライバーです。まだまだ全国的には珍しいですが、女性特有の視点でお客さまの心を掴んでいます。面接を受ける際に気を付けておきたいのが、福利厚生の有無や勤務中体系だと言われています。求人募集だけを鵜呑みにすると失敗してしまいますし、各種休暇や保育施設の完備等を確認しておくと良いでしょう。会社によっては昼勤務のみもOKですし、臨機応変な対応をしてくれるのもタクシー会社の特長です。

ヤル気次第で年収アップ

タクシーの模型

タクシードライバーの魅力の一つが、高い歩合制度ではないでしょうか。ある程度の経験を積むことで、効率の良い走り方や運転手の指名を得ることが出来ます。歩合給によって年収が800万円を超えるケースもありますし、一流企業並みの年収を稼ぐことが出来ます。歩合給の設定は各タクシー会社によって異なりますし、求人情報で確認しておくと失敗がありません。また、大手のタクシー会社は寮が備わっています。二交替勤務が基本になりますし、仕事を終えた後に直ぐに自宅に帰れるのはメリットです。格安で住むことが出来る上に、食事の心配も要りません。少子高齢化が進む日本においては、需要が増す仕事と言われています。

広告募集中